耕養庵蒼島短歌

小浜湾に浮かぶこんもりとした「蒼島(あおしま)」は、島まるごとが国の天然記念物です。

          「蒼島」 写真提供     若狭の語り部 岡尾正雄氏
          「蒼島」 写真提供     若狭の語り部 岡尾正雄氏

●和菓子と季節の短歌募集中●

 

若狭の美しい自然を 歌に撮ろう 歌に描こう

 

「若狭 歌の旅」にお出かけになりませんか?

 

井上耕養庵では、四季の店頭を飾るPOPに採用させていただく

短歌を募集しています。

皆さんからの力作をお待ちしております。

 

採用させていただいた方には、井上耕養庵より

お菓子引換券をプレゼントさせていただいております。

 

応募期間:随時募集いたしております。

郵便・Eメールでの応募も可能です。

 

● 第63回(令和2年2月)入選作品 ●

 夏の夜は空いちめんがほうせきで毎日見てもまったくあきない       

                         若狭東高校 西岡 柚弥斗

 

  【寸 評】

   夏の星の美しさが「ほうせき」で表現され「毎日見ても」で強調され

  「まったくあきない」と作者の心をしっかり表現していてとても詩心の

  ある歌です。

 

 

 朝起きて「おはよう」と言えるこの日々を大切にして生きていきたい        

若狭高校  竹本 修司

 

【寸 評】 

   朝起きて「おはよう」と言えるで情景がよく表わされている。

   下の句は自分の生きる希望が書かれている。平凡な中にも

       「生きていきたい」と強い意志が感じとれるすばらしい歌です。

 

 

 夏休み友と過ごしたあの時間今でも忘れぬ夏の思い出

                       若狭高校  井上 椋聖

 

 

【寸 評】

  「あの」のアは代名詞、ノは格助詞で全体を引きしめ強調している。

   結句はしっかりと 「夏の思い出」で止めとてもよい作品です。

 

  


 夏だから炭酸のように弾けたいだって一度の青春だから

                                                                           若狭高校  森下 愛果

 

  【寸 評】

        「炭酸のように」と比喩がきいて焦点化され「だって」

         と接続され「一度の青春だから」の四句から五句にかけて

         作者の心情がよく表わされている。

 

                                                                【 寸評 古谷 尚子 】

                             過去の入選作品はコチラ!!

 

 

 井上耕養庵

福井県小浜市南川町9-17

 ℡(0770)-52-0199

営業時間 午前8時~午後6時

   定休日 火曜日

 

 

ふるさと納税サイトさとふる
福井県小浜市ふるさと納税
 耕養庵気ままブログ
 耕養庵気ままブログ

送料・配送料

 北海道 1347
 
東北 1023
 
関東・信越 807
 
北陸・中部 807
 
関西 807
 
中国 915
 
四国 915
 
九州 1023
 
沖縄 1347

返品・キャンセル

 ☸ 返品・キャンセル     

個人情報のお取扱い

 ☸ 個人情報のお取扱い      

        詳しくはこちら≫     
 

耕養庵オンラインショップでは

自慢のお菓子を販売しております。

どのお菓子も耕養庵自慢の

逸品ばかりです。